高校入試 勉強法

高校入試の勉強法に裏技はありません

画像1

校受験の勉強法には、“簡単に+30点”“楽して合格”という裏技のような方法はありません。

テレビを見たい時間、漫画を読みたい時間、携帯でメールをしたい時間をグッと我慢してコツコツ勉強しなければ成績は上がりません。

ただし、いろいろと我慢してコツコツ勉強したとしても、必ず成績がアップして志望校に合格できるわけではありません。

当たり前ですが、高校入試本番までに残された時間には限りがあります。期限が決まっている中で結果をだすには、コツコツ頑張ることに加えて、“正しい勉強法”で勉強しなければいけません。

結局どれだけ良い進学塾に通っても、たくさんの参考書や問題集をもっていても、合否を分けるのは“自宅でどんな勉強をしたか”です。受験勉強に裏技はありませんが「このやり方で入試は大丈夫かな?」と不安があるようでは志望校は遠くに行ってしまいます。

あっという間に入試本番はやってくる。だから結果のでる勉強法を。

親から子にできる勉強法のプレゼント

格を決めるのは塾や学校の時間ではなく自宅学習の時間です。だから自宅でどんな勉強をしているかで差がつくのです。

高校受験生に意外なほど多いのが、「勉強のやり方がよくわからない」ということです。このような状況ではどれだけ親が勉強しなさいと発破をかけても意味がありません。

お子さまの成績を上げるためには、100回勉強しなさいと言うよりも、1回勉強のやり方を教えてあげた方がいいのです。

受験勉強の迷いをなくしてあげたいお父さん・お母さんはこちらをご覧ください

関連ニュース

Yahoo!ニュースの「高校入試」に関連したニュースを随時更新しています。

2017年東京・神奈川の公立高校入試問題にみる今後の傾向と対策
…大学入試改革の方向性を受けて、公立高校の入試問題も変わりつつあります。例として2017年の東京都・神奈川県の入試問題を見ながら、傾向と今後の対策について考察していきます。◆グラフや図表の読み取りは、ど…